老人ホーム

老人ホームの種類

老人ホームにはリハビリや認知症ケアなどを目的としたホームや軽度介護、さらに重度介
護というように、いくつか種類に分けることができます。
まず、介護保険施設。この中に指定介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、老人保健
施設(老人リハビリ病院)、療養医療施設が含まれます。それから、養護老人ホーム。軽
費老人ホーム、グループホーム、有料老人ホーム、サービス向け高齢者住宅、老人短期入
所施設、生活支援ハウス、高齢者ケア付き住宅があります。「養護老人ホーム」「特別養
護老人ホーム」は介護保険制度の施行により、介護保険における施設サービスの契約をす
ることで入居出来ますが、所得制限や入居要件があります。「軽費老人ホーム」は、ホー
ムと経営者の私的契約になりますが、自分のことが自分でできなくなると退去しなくては
なりません。その点有料老人ホームは、私的契約のもとに入居されるので、ご自分の希望
条件に合致するホームを探す事ができるという利点があります。
有料老人ホームの中でも3種類に分類されます。介護不要の自立生活者だけを入居対象と
した健康型有料老人ホーム、外部の介護事業者と別途契約をして介護その他のサービスを
受けることができる住居型有料老人ホーム、介護や食事等のサービスを利用しながら施設
での生活を継続することができる介護付き有料老人ホームです。また、介護型有料老人ホ
ームでも混在型、グループケア、ユニットケアとあり、入居する人の健康、介護状態によ

って違ってきます。

 

老人ホームを探す

老人ホームの種類は様々ではありますが、入居する人の介護状態や、ご家族の条件・要望
により選択する分類などが決まっていくと思います。
身体は元気だけれども認知症が進行している人は、グループホームや有料老人ホームが選
択肢として選んでいくこととなると思いますし、特別養護老人ホームや老人保険施設が満
室のため、待機する場所として探したいという方は有料老人ホームが候補となりえるとい
った具合です。
地域により老人ホームの種類が多い・少ないといった事情もあるかと思います。予算が合
うかどうかも大きな要素となるでしょう。まず、初めは自分の希望する地域にどういった
種類があり、どの程度の費用がかかるのかを調べると良いでしょう。今は元気だけど、体
が不自由になったら介護は受けたいというように、将来的な事も視野に入れながら、じっ
くりと選んでいけると良いですね。

老後の生活を考える

若い方でしたら、「老人ホーム」という施設について、名前は知っていても興味がないと
いう人がほとんどでしょう。それは仕方のないことかもしれません。ですが、誰でも年老
いていくものです。ですから、「最期の日まで自宅で過ごしたい」「家族に迷惑をかけた
くないからホームに行きたい」など老後の人生設計を若いうちからしても良いのだと思い
ます。老人ホームに入ろうと思う人はそのためにはやはりある程度のお金が必要ですから
、老後を考えて貯蓄もしっかりしないといけませんね。
自分の老後だけではありません。当たり前のことですが、親の老後が先にやってきます。
今は元気でも、病気になったり、身体が思うように動かなくなり、介護が必要になるかも
しれません。親がそうなった場合、どのようにして面倒をみるのか、大きな問題ですね。
「自分の家族だからこそ、どのような状態になっても身近で世話をしてあげたい」「親身
になって看護すれば、きっと元の姿に戻ってくれる」。自分の親であれば、そう思って当
然だと思いますが、その責任感が介護疲れを引き起こす一因になります。そこで、老人ホ
ームに入るという選択枠が出てくると思います。老人ホームと一言で言っても、その種類
は様々ですし、提供されているサービスにより負担額も変わってきます。また、そこへ入
居できる資格が必要な場合もあります。
ですから皆さんも一緒に老人ホームという施設について知識を身につけていきませんか。

【ロコモ予防はじめよう。】教えて!ロコモティブシンドロームとは?