有料老人ホームの種類

有料老人ホーム

有料老人ホームというのは、60歳以上の方が生活介護サービスを受けることのできる施
設です。看護や介護の専門家が配置されているので、入浴や排泄、食事などの介助や、日
常生活や療養のための世話、リハビリテーション、といったたくさんのサービスを受ける
ことができます。
以前は費用が高いというイメージがあった有料老人ホームですが、最近では利用しやすい
金額になっている施設も多く、地域に密着した、ご高齢者に優しい施設となってきている
ようですね。
費用についてですが、一般的に、入居一時金と毎月の費用が必要となる場合がほとんどで
す。その施設によって入居金を高く、毎月の費用を安く、という場合と、入居金を安くし
て、毎月の費用を高くという選択ができる場合もあるようです。
有料老人ホームに、入居一時金が必要な理由は、有料老人ホームには、公的補助といった
ものが一切ないのです。ですから、この入居金によって、成り立っています。
これは、家賃の一括前払い金プラス、終身利用権及び介護等のサービスを受ける権利費用
と考えるといいですね。
毎月に費用は、管理費や光熱費、介護費といった、生活にかかる費用です。各施設によっ
てもちろんその料金は違ってきます。交際費、娯楽費、交通費、といった別にかかるお金

も考えて入居をする必要があるでしょう。
サービスの内容ですが、生活全般にわたっては、食事やおやつの配膳など、健康管理に相
談、リハビリテーション、生活相談、買い物や各種手続き、レクリエーションなどがあり
ます。介護という面については、入浴介護、食事介護、歩行介助、通院介助といったサー
ビスが得られます。

介護付有料老人ホーム

介護付有料老人ホームとは、普通の有料老人ホームとは違い、各都道府県から「特定施設
入居者生活介護」という指定をうけた施設のことをいいます。
日常生活を送るという生活の拠点としてだけでなく、食事・健康管理・健康相談・掃除・
洗濯・入浴などを介護サービスとして行います。
特別養護老人ホームと同様で、常に施設内に介護スタッフいます。また、看護師による健
康チェック、血圧や体温などの健康管理は毎日行われるという場合が多いので、ご高齢者
の身体の変化にも対応できる施設ともいえますね。何かあった時でも、安心です。
入居時は、介護が必要ないという状況だとしても、介護が必要という状態になったとき、
事前のケアプラン等を行うことなく介護に入ることができるという施設も多く、ご家族に
とっても非常に安心できる施設だと思います。
核家族化が進んだ高齢化社会の日本において、離れて暮らしている家族にできるだけ迷惑
をかけたくないという理由で、こうした施設を選択する方もいるようです。

健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームとは、健康なご高齢者が入居するために用意された施設です。食事
などのサービスが付いています。
入居されている方全員が、健康なご高齢者で、とても明るく元気な老人ホームといった印
象がある施設です。
この施設のデメリットは、介護が必要となった場合、契約を解除し退居しなくてはならな
いということでしょう。
利用条件としては、要介護認定がなく、自立した日常生活をおくることができるなどがあ
ります。一人暮らしに不安を感じる、同じ施設のご高齢者と楽しい老後を送りたいという
ようなご高齢者にお勧めです。
介護付有料老人ホームなどよりも介護というサービスがないので、費用的には非常に安く
なります。各施設によってその費用は様々です。
先ほども説明しましたが、介護が必要となった場合には、退居という場合もあるので、介
護棟があるか、訪問介護を受けることのできる施設なのか、など、入居時に確認しておく
必要がありますね。
最近では健康型有料老人ホームに入居していて、介護が必要となった場合、提携している
介護付老人ホームへの転居ができるという施設もあるようです。

こうした提携施設のあるところなら、介護という状態になっても、安心して生活できます
ね。

住居型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームとは、食事等のサービスがついた高齢者向けの居住施設です。介護
が必要になったときに、訪問介護や通所介護といた外部サービスを合わせたケアプランを
作成できます。
介護を受けた分だけ出来高で介護にかかった費用を計算するので、リーズナブルといえま
すが、介護が重度になればなるほど、費用がかかるというデメリットもあります。
この施設のスタッフは、介護や看護するということはありません。外部からの訪問介護、
通所介護を利用することになります。介護報酬は、サービスを受けた分だけかかります。
医療サポートの必要な入居者にたいしては、訪問看護といったプランを組み立てることも
できますので、個人個人にあった、豊かな生活が可能です。
介護や医療という面で、かなりの自由が利くのが、住宅型有料老人ホームの特徴といえる
でしょう。しかし、重介護が必要になった場合は、利用した分だけの費用がかかりますの
で、その場合は介護付有料老人ホームは費用がかからないので、安心だと思います。