施設を選ぶ時のポイント

入居前に考えること

有料老人ホームへの入居を考えたとき、まず、自分の身体の状況をしっかりと知ることが
大切ではないでしょうか。また、家族が、高齢者の日常生活をよく観察し、介護が必要な
のか、今に必要となることはないか、という把握をしておく必要があると思います。
介護が必要であるか必要ないか、という部分で入居施設も違ってきますし、費用面でも大
きな差がでてきます。医療行為が必要、全く必要ない、といった健康面での把握もとても
大切ですね。
次に費用面も考えなくてはいけません。有料老人ホームは費用もその施設、サービスによ
って様々です。最近では入居一時金がかなり安くなった施設が多くなりましたが、それで
も入居一時金は大きな費用となりますし、毎月かかる生活費用に関してもしっかりと計画
しておく必要がありますね。
どういった施設が良いか、費用面での計画がある程度まとまったら、希望する施設をいく
つかチョイスしてみましょう。各市町村へどういった施設があるのかということを確認す
るのもいいと思います。そして費用や施設内用、サービス内容などをよく確認して、どの
施設が一番適しているかを確認し、入居施設を絞り込みます。見学に行くのも良いと思い
ます。

施設を選ぶ時のポイント

選ぶ時のポイントは何でしょうか。希望する有料老人ホームの立地条件や、居室の様子、
サービスの内容や施設内の設備といったものを、見学に行き確認しておくと良いと思いま
す。口コミなども大切な要素になると思いますし、実際に入居している人に話を聞ける機
会があればもっと良いですね。
医療機関との連携がしっかりとれているかどうか、ということもチェックの必要がありま
す。
有料老人ホームを選ぶ時のポイントは、費用面や施設の充実ももちろん大切なことだと思
うのですが、「何をしてくれるのか、どこまでやってくれるのか」ということが一番大切
なポイントになるのではないでしょうか。
老人ホーム選びはなかなか難しいものです。
何を基準に選べば良いのか、自分の求める条件に合っているのかどうかなどの判断が難し
いこともあるからです。十分な下調べをせずに申し込みをして、契約後に思わぬトラブル
に直面することもあるかもしれません。ですから、良い老人ホームを選ぶ時は十分に情報
収集する必要があります。気になる施設があった場合には、その施設の資料を入手してじ
っくり比較検討してみると良いでしょう。