入居にかかる費用

費用について

有料老人ホームでは基本的に、入居一時金と毎月の生活費、利用料というものが必要とな
ります。また、各施設によって、諸費用に差があります。
公的老人ホームと違い、有料老人ホームは、その費用面が高額ということから、入居は無
理だと考える人が多かったのですが、最近ではこの入居一時金や生活諸費用などが安くな
り、比較的入居しやすくなったと言われています。
しかし、実際、入居一時金は、数十万円から数千万円まで、と大きな費用であることには
間違いありません。そもそも、入居一時金は、何なのでしょうか。居室の専用費や共有ス
ペース利用料といったいわゆる、家賃相当分を前払いするというのが入居一時金となりま
す。家賃相当分ということですから、もちろん償却されていきます。
数年から20年程度で償却となります。そうなると施設によっては再契約が必要となる場
合もありますし、月額の利用料のみ支払っていけばいいという場合もあります。
毎月かかる費用、生活費としては、食費、水道光熱費、人権費などを支払う必要がありま
す。これも、各施設によって様々です。
最近では、入居一時金を定額にし、この月額利用料を高めに設定しているという施設も多
くなっているようです。
また、介護が必要な場合、介護保険によって、特定施設入居者生活介護もしくは、在宅サ

ービスの1割を個人負担することになりますので、その費用も計算しておかなくてはいけ
ませんね。
もしも、契約条件に合わない部分が発生し、ホームを退居すると言うことになった場合に
は、入居一時金として支払っていた家賃相当額分の未償却部分を返還してくれるというシ
ステムがあるようです。この入居一時金の未償却分返還についても、各施設によって様々
ですので、きちんと確認しておきましょうね。

施設が倒産した場合について

有料老人ホームが倒産してしまったらどうなるのでしょう。大きな入居一時金を支払って
いる場合、非常に不安ですよね。倒産しないと言い切れない部分もありますし、違反をし
たホームは、当然、営業停止などにつながります。
このようなことを考慮して、厚生労働省が指針を出しています。この指針は老人福祉法に
よってのものですが、新設の有料老人ホームに、倒産による退去の際、500万円を上限
に返還するというものらしいです。
これ以外にも、全国有料老人ホーム協会というものがあって、この協会では、「入居者基
金」というものを設置させています。入居時に入居一時金をとっている加盟施設について
、登録を義務付けし、施設事業者が入居者1人に対して20万円(80歳以上の場合は1
3万円)を負担し、もし施設が倒産となった場合に、入居者一人につき500万円を入居
者基金によって支払うという仕組みがあります。
社会福祉法人などの大きな施設の場合、倒産となることはまずないと思うのですが、万が
一倒産となった場合でも保障があると思います。しかし最近ではとても安い小さな資本で
の施設もありますので、こうした場合、保障といった意味では少し不安ですね。
施設を選ぶ時は各施設の内容や保障について、また、医療関連との連携などもしっかり考
慮した上での選択が望ましいのではないでしょうか。