認知症でも入居可能な施設

認知症ですが、受け入れてくれる老人ホームはあるでしょうか?

患者を抱える家族から、良く聞かれる声です。このことは認知症患者を持つご家庭で不安
に思っていることではないでしょうか。なぜなら、症状の特質をよく知っているから、そ
のような疑問や質問が出てくるのです。
受け入れをしている老人ホームのタイプもいくつかあります。また、症状の度合いによっ
てグループホームや軽費老人ホーム、介護付き有料老人ホームなどから選ぶことも可能で
す。ただ、症状と共に他の病気がある場合、受け入れが困難な場合があるようです。
他には、予想もしない奇怪な行動をする、危険を伴うような徘徊、暴れる、他の入所者に
暴力を振るうなどによって、せっかく入れた老人ホームから退所の話が出ることもあるよ
うです。どちらの場合も、介護を必要とする他の入所者がいることで手が回らなかったり
、手に負えない、集団生活に馴染めないことで退所してもらうようにするのです。患者を
拘束することが禁止されているので仕方ないのかも知れません。
しかしこの場合、ご家庭で介護や看護をするといっても、できるものではありませんね。
介護療養型医療施設というところもあり、介護と医療が必要な方に適しているところもあ
りますので、医療依存度が高ければ、相談をしてみてはどうでしょうか。

認知症の方が入れる老人ホームはやはり少ないと聞いたことがあります。

症状が比較的軽い方なら、「グループホーム」がお勧めです。同じ仲間と一緒に生活をす
ることで進行も防げるようです。日常生活に必要な動作を忘れさせないためにも、「やっ
てあげる」という行為が良くないのだそうです。ただし、グループホームの場合、身体的
な介護が必要になったときにはホームを退所する必要があります。その場合再び入所でき
るところを探さなければなりません。
さて、認知症の方を受け入れる老人ホームが少ない中で、受け入れているホームのタイプ
は、どこなのでしょうか。受け入れ可能な施設は住宅型や介護付になります。認知症とし
て診断されていると、いくら体は元気だとしても、健康型の老人ホームへは入れません。
健康型有料老人ホームでは自立して生活が行える方が対象となっています。つまり、介護
が必要な人は入居できないということです。
ご家庭での介護に限界を感じ、介護付施設を探すとしても入所する際にはある程度まとま
ったお金を準備しなければなりません。国からお金が出ているので「安い」といって「特
別養護老人ホーム」を希望したいでしょうが、こちらは介護の優先度によって入所者が決
められますので、なかなか入ることができないのが現状となっているようです。